パチンコXジャパン FEVER X-Japan

紅リーチです!パチンコ「FEVER X JAPAN」は贅沢DVD豊富

パチンコクリエイターSANKYOが今年秋によって、X JAPANを画題にした新クラス「FEVER X JAPAN」をリリース。こういうクラスの陳列会が此度7ひと月28お天道様に東京で行われた。

陳列会冒頭には「FEVER X JAPAN」を紹介するDVDのほか、全体プロダクトを手がけたYOSHIKIからの陳述DVDも上映。実物を前にしたYOSHIKIは「透明感があっていいですね。僕が日本に住んでいた時はこうしたクラスはなかったので、年代もここまで来たんだなと実感しました」といった喋り、「試行錯誤ありましたがここまでたどりつくことができました。感無量だ」と、リリースを心待ちにしている様子をうかがわせた。

陳列会ではSANKYOの纐纈聡執行エグゼクティブタイプ本社長が「FEVER X JAPAN」の詳細を評論。SANKYOを代表する名機「興奮」のリリース30周年土産画策として「最高の強みになるクラスを作りたい」という目的のもとに、自社でX JAPANが好きな働き手のみでこういう課題を立ち上げた対応、ミュージック音源は全品X JAPANの過去の生音源において要ることなどを明らかにした。

「FEVER X JAPAN」では「ENDLESS RAIN」「I.V.」など、X JAPANの名曲を11曲行動。現時点でまだ音源化されていない新曲「Jade」も使用されている。また、“演説リーチ”と銘打った3つのリーチ景況「紅」「Rusty Nail」「Jade」では、ハリウッドで捕獲された全部撮り下ろしDVDが遊べる。ダイナミックな戦闘シーンも取り入れた年代劇ムードの「紅」、会場へ伺う団員のコンディションをドラマ仕立てで追った「Rusty Nail」、YOSHIKIがバンパイアに扮したゴシック感覚の「Jade」って、いずれも動画あたかもの品質に仕上がっている。

こういうほかにもマニアにはたまらないDVDや監督が豊富。パチンコマニアにとってもX JAPANマニアにとっても、要注目のクラスと言えみたい。

なお、「FEVER X JAPAN」オフィシャルウェブサイトでは最近、リーチときのDVDや訴求DVDを公開中。またYOSHIKIへの専門直撃第1弾も掲載されている。8ひと月1日には全国のSANKYOショールームで並み試打会も開催されるので、気になるマニアはどうしても足を運んでみよう。

三共パチンコのFEVER X JAPAN 紅
2010/09/06から導入された種類「FEVER X JAPAN 紅 」は、
種類名にもなっている紅のほか、
Forever Love、Tears、X、Joker、ENDRESS RAIN、Silent Jealousy、WEEK END、Rusty Nailなどのヒット曲に、
未開示曲Jadeを加えたラグジュアリー11曲が聴けるファン垂涎の種類。

因みに、手作りリーチのマネジメントはYOSHIKI主演のベスト手作り物語です。

単なるコンビプレイだけではなく、特別着うたやLIVE切符のキャンペーン、
ここでしか貰えないプレミアムグッズプレゼントキャンペーンなど、
ファンの心中をつかむサービスが盛り沢山。

ベスト撮り下ろし灼熱ライブなどはファンならずとも観てみたいのではないだろうか。

これを機にパチンコを始めたファンも多いことという。
最新パチンコファンの開拓に余念のないSANKYO は、
過去のファンにとっても救世主なのかもしれない。

X JAPANの歴史

幼稚園の時からの幼馴染だったYOSHIKIってToshlは、小学生高学年でアメリカの頑丈ロックバンド「KISS」の話をするようなリレーションであり、互いにバンドを組むコミットを通していた。
そうして小学6階層の時にDYNAMITE(ダイナマイト)(1977階層 – 1978階層)[4]、中学生に進学あとNOISE(響)(1978階層 – 1982階層)を結成。主にレッド・ツェッペリン、UFO、レインボーなどのせりふ曲を中心に熱演[5]、中学生の予餞会が初中継だった。事後、通っていた中学生が大学生増幅に伴う分別によりボーカルが別の中学校に転入された結果、冒頭ギターだったToshIがボーカルに転向。地元の安房高校生に進学したカップルはその後もバンドを続けていたが、進学問題で他の会員が解約。他校のメンバーを加えて1982階層夏季、高校生2年生の時に始めたのがX[注 1]だった。高校生時代の伝統祭では「We are X」、当時は未完成だった「I’LL KILL YOU」などを熱演していた[6]。
高校生卒業後の順路として楽曲カレッジのおすすめ入試を受験する予定だったYOSHIKIが、入試1週間前に進学を取り止めロックバンドとして成功するプログラムを選び、Toshlとともに取り組み本拠地を都内に移した。
上京後のカップルは、何のツテもない状態で会員やライブハウスを見つけ出し、1階層後の1985階層にはバンドとしての見た目をようやく備わるようになる。同年6月、1作品瞳のシングル「I’LL KILL YOU」をDada Recordsから出版。1986階層にYOSHIKIが自身の付箋「エクスタシーレコード」を創設し、2作品瞳のシングル「オルガスム」をリリースする。この頃になるとファンも結構定着したが、会員は絶えず流動的だった。
事後、一時期Xに加入していたTAIJIが1986階層の暮れに再び参入。ビクターから発売されたオムニバス・アルバム『SKULL THRASH ZONE Vol.1』の記録でPATAが応援で仲間入り。事後、1987階層初めには、SAVER TIGERを解散させ美容師になる胸中をしたHIDEをYOSHIKIが説得し、Xに参入させた。アクシデントを起こした会員の解約後にPATAも正式に会員として、主役公刊ときの会員が揃った。
中継・ハウスでは、会員が暴れて火を吹いたりYOSHIKIがシンバルにガソリンを注いで減らすなどのパフォーマンスを敢行し、数々のライブハウスから出入り御法度となった。また打ち上げも揉め事が続続職場がむちゃくちゃに砕けるなど差し障り続きだった結果、ロックミュージシャンが居酒屋へ混じる際にはYOSHIKIがいないか職場にチェックされた程である。その特異な所作から、HIDE統べるSAVER TIGER、TAIJIが在籍したディメンシアとともに「関東三大粗大塵芥バンド」といったバッシングの対象になった。
「仮に喜ばしい曲を作っていても聴いて貰えなければ意味が無い」という考えから「知名度が大事」といった判断し、日本テレビ『異才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ヘビメタコーナー」に演技していた[注 2]。「早朝種類」(就寝中の芸人の座敷に侵入してバズーカなどの地響きで引き起こす看板隅)の一つである「早朝ヘビメタ」や、品目衣服のままで競技を行う「ヘビメタ運動会」などで話題となる。小さいレストランで「オルガスム」を熱演始める同プログラムの策「やしろレストラン中継」は、HIDEのX参入後の初会社となった。ただしその世界観を硬派なイメージで保とうとする当時の楽曲実業、最もカギ界の流れの中で「(楽曲プログラム以外の)テレビ演技」は御法度視されていた結果、実業中や他のバンドから「ヘヴィメタルをお笑いトピックにされた」として気がかりのレッテルを貼られていた。
テレビ演技をきっかけに知名度が全国区へって広まったXは、当時試用テープの送達すら殆ど無かった時代に楽曲・ビデオをゲストに配布した。この時、他にも配布する物として、冷蔵庫、電子レンジ、貨物などのアイデアが出ていた。他のバンドによってプロモを積極的に行っていた結果、他のバンドからはビリオネアバンドとしてみられていた。
1988階層4月、1作品瞳のアルバム『Vanishing Vision』を出版。公表1週間で、当時としては異例の初版圧迫食い分10000枚を完売した。『Vanishing Vision』は、主役・付箋から発売される可能性もあったが、YOSHIKIは「インディーズでまったく何も残していない」として、わざとエクスタシーレコードから出版した。並行して数社との主役付箋との成約カウンセリングを進め、Xをめぐってレコード店の間で争奪戦となったが、最終的にCBSソニーという成約。XがCBSソニーといった契約した理由は、カウンセリングにあたったCBSソニーのコーディネーターらが余りに横柄な所作をとっていたためです。コイツに会員が怒りを覚えた結果、カウンセリングは冷静に対応できるYOSHIKIが専従したといわれる。成約経費や成約日にちなどの制約が最も低かったことも、「絶対に売れてこれ達を見返して始める」という反骨内的が出来上がり、成約を決めた原因となった。
契約したCBSソニーもカウンセリング当初は積極的ではなかったが、当時スカウト・トレーニングジャンル出席だった津田直士が作りたて任務組に配属となった箇所から、津田直士自らがコーディネーターとしてXという店を説得。マネジメントまで引き受けることとなった。一気にX専用の内証・付箋「SIREN SONG」が創設された。

1989-93年齢: レギュラー・出版

1989ご時世4ひと月21日光、CBSソニー / Siren Songから2作品まぶたのアルバム『BLUE BLOOD』で主流・公刊。オリコンでは初登場6近辺を記録した。当時のミュージック市場はミリオン成功が物珍しい現代であり、トップレベルのロックバンドですら10万枚の利潤で大ヒットだった間、1989ご時世だけで60万枚のルーティンワークを記録した。同年9月に「紅」をシングル・抜き。ミュージックプログラム登場などの積極的な媒体露出で、ヴィジュアルコネクションバンドを見た面の無かった多くの人達に強烈なインパクトを与えた。この時も、Xの媒体露出過多に関してミュージック市場から賛否両論が受けるも順調に向かっているように見えたが、同年11ひと月23日光の渋谷公会堂での中継中にYOSHIKIが倒れ、以降の中継は保留された。以来、YOSHIKIは常に首や手に「爆弾」を抱えながらバンド没頭を積み重ねる面となる。そんな中も、Xは日本有線大賞新人賞・日本ゴールドディスク大賞など数々の賞を受賞した。
1990ご時世2ひと月、初の日本武道館中継で周遊を続開し、5ひと月の大阪城ホール中継を以て周遊を終えた。11月には次のアルバムの記録のために渡米した。本人達が皆無の間にも、画像・ライブ『X FILM GIGS 〜血液って薔薇にまみれて〜』を行い、的中させた。
米・ロサンゼルスでの記録中に、YOSHIKIがハイスピード番号「Stab Me In The Back」のドラム記録後に発症した頸椎椎間板ヘルニアで、以降の記録の日程が大幅に保留された。レコード仕事からは1991ご時世7ひと月の発表を充実とされた結果、他のハイスピード番号や「ART OF LIFE」などの記録を放棄し、同年6ひと月帰省。翌7ひと月毎日、3作品まぶたのアルバム『Jealousy』を発表。オリコン絵1近辺を記録する。ライブ・周遊『Violence In Jealousy Tour 1991 〜夢の中にだけ生きて〜』を行い、8ひと月23日光には初の東京ドーム演劇を果たした。同時期、新宿の小田急ミ取り込みに「X SHOP JEALOUSIX」を期間限定で拡大、日清食品から「カップヌードルX風味」が発売されるなど、この頃のXは媒体露出なども合わせて時節を迎えた。12ひと月8日光にはNHK部屋で、『X with Orchestra』をオープン。もっと12ひと月20日光の周遊最終の武道館ではFILM GIGの両方アンコールで本人たちが登場し、この頃に片隅新聞紙で通信された解散学説をYOSHIKI己拒否。12ひと月31日光には『第42回NHK紅白歌合戦』に出演した。
1992ご時世1ひと月5、6、7日光には、邦人アーティストとして初となる東京ドーム3日間誘発演劇『不幸にかけて』をオープンし、延べ12万人を動員した。同年1ひと月31日光の『音響ステーション』で画像コメントにて、Toshiの口からTAIJIの脱退が正式に発表された。TAIJI脱退の拠り所について、開始「ミュージック性ってコーデ性の違いから」って説明されていたが、後々TAIJIは著書『伝説のバンド「X」のいのちといった死―宇宙を翔ける仲間へ』の中で「YOSHIKIにダイレクト脱退を迫られた」という内容を告白して要る。おんなじ著書の中では「ギャラの上昇期待などバンドの嫌われ役に徹していたことに、YOSHIKIが疲れ果てたのではないか」、「一部の人手がYOSHIKIに呼びかけたのではないか」、「YOSHIKIのドラムプレイに対して平気でダメ出しをする様になって、YOSHIKIとの間に軋轢が生じたからではないか」といった述べてある。一方、YOSHIKIは自伝『YOSHIKI/佳樹』の中で「TAIJIの基盤はXに必要だったが、YOSHIKIってTAIJIの間での確約を楽に破った先」(他バンド(LOUDNESS)一員とのセッション辺りによるX以外での没頭)を理由としていらっしゃる。

X JAPAN ロゴ(1992ご時世-)
企業ジャパン音響エージェンシーブランド4868300号として登録されている
ソニーとの期限切れXは、1992ご時世8ひと月24日光にニューヨークのロックフェラー・中央でライター会談を変わり、各国展開を許すべくアメリカのタイム・ワーナーという契約したことと、真新しいベーシストとしてHEATHが出席したことを発表した。海外ではアトランティックレーベル、日本ではMMGから作品をリリースすることとなった。但し、米・ロサンゼルスに同名の「X」というバンドが存在した結果、X JAPANに改姓した(因みに当初はX FROM JAPANと名乗っていたが、一気に変更した経緯がある)。日本でも1993ご時世12ひと月24日光に都内ベイNK部屋で行われた『ミュージックステーションスーパーライブ93』に出演するなどしていた。